アニメの栞

アニメ・漫画のおすすめ回や人気キャラの登場回を紹介するブログ。動画配信サービスのお役立ち情報もお伝えしています。
アニメの栞 TOP  >  ワンピース  >  少年ジャンプ - 感想 >  【ワンピース】854話「何やってんだ」感想【ネタバレ】

【ワンピース】854話「何やってんだ」感想【ネタバレ】


【ワンピース】854話「何やってんだ」感想【ネタバレ】



週刊少年ジャンプで連載中の『ONE PIECE』第854話について、感想を書きます。今回は、現在の状況の整理と、サンジくん関連の感想がメインです。

ジャンプ最新号についてのネタバレを含みますので、コミック派・アニメ派の人はご注意ください。



人気ブログランキングに参加中です。
いつも応援、ありがとう☆
 ↓↓↓




各グループの状況



現在の状況を、グループごとにまとめました。サンジくんの状況については、感想で触れるため、ここでは省略しています。



ナミ・ジンベエ



囚人図書室を守っていたシャーロット家の5男・オペラの部下たちから追われるも、の中から助けにきたチョッパーのおかげで、鏡世界(ミロワールド)に逃れる。

ナミの攻撃がチョッパーに直撃したのは、ご愛敬



チョッパー・キャロット・ペドロ



ナミ・ジンベエと、合流する。

シャーロット家の8女・ブリュレを捕縛したまま、謎の煙突男“ディーゼル”に乗り物を引かせ、鏡世界(ミロワールド)内を移動する。

目的は、ブルック・ルフィ・サンジを見つけ、合流すること。



ブルック



ホールケーキ城(シャトー)内、女王の間にて、ビッグ・マム吊るされ中てるてる坊主みたいな感じ?

ビッグ・マム曰く、
「こんな生き物、他にいない。魂の芸術だ♪」
「当分は図鑑に入れず持ち歩くさ♫」
だそう。

ビッグ・マム、めっちゃイイ笑顔

同時に、プリンビッグ・マムの会話から、ブルックプリンの正体や彼女たちの計画をすべて知ることに。



ビッグ・マム海賊団の幹部たち



2階、会議室。本島に侵入している麦わらの一味とその仲間について、状況を確認しあう。

ただし、それぞれが「見聞き」したことが、必ずしも「真実」と一致している訳ではなかったり。

さらには、ビッグ・マムからのお仕置きを恐れるオペラが、囚人図書室で起きたことを偽ってしまう。

少しずつビッグ・マム海賊団の内部にも、計画のほころびが現れはじめる。



ヴィンスモーク一家



レイジュは、3階医療室に滞在中。

父親のヴィンスモーク・ジャッジと3人の息子たち――イチジ・ニジ・ヨンジは、ビッグ・マムに差し向けられた酒場の女たちによって、飲み潰されている?



ルフィ



降りしきるの中、暗がりをよろよろと移動中
盛大に腹を鳴らしながらも、サンジとの約束の場へ向かっている。



感想



今回、サンジくん関連で印象に残ったことは、サンジくんお手製弁当についての新事実です。

一体、どんな事実が明らかになったのか?
以下で順を追って、お話します。



サンジと手作り弁当



6階客室、サンジの部屋。

部屋の外では、厳しい警備体制…もとい、脱走警戒体制が敷かれる中、サンジは天蓋つきのベッドでぐっすり眠っている

――と思いきや。
寝ていたのは、サンジ付きのナスのような顔をした兵士


誰にも知られぬまま、サンジ本人は、いまだ城内の片隅にいました。

自分が作った「プリン用」の弁当を覗きながら、少し前のことを振り返るサンジ


(これをプリンちゃんに……??)


というのも、実はこのお弁当、無意識にいつもの調子で作ってしまったものだったのです。


(何やってんだ、おれは……!!)

(全部、あいつらの好物じゃねェか…)
(忘れろ…。忘れろ……!!!)



まさかの新事実が、明らかになりましたよ。

サンジくんがこのお弁当を作ったのは、プリンの正体を知る「前」です。

つまり、プリンが唯一の「希望の光」だと信じていた時に、彼女を想って作ったはずの「お弁当」が、仲間たち好物ばかりだったのです――!!


もうね、これ見たらね。

「はじめっから、答えは出てるじゃないの…。
サンジくん、素直になりなよ…?」

そう声をかけるしか、ないじゃないですか。


サンジくんほどの一流料理人が、たった一人のために作った料理を、うっかり他の人間たちの好物で埋め尽くしてしまった?

ないないないない――。


それ、もう逃れられないよ。どう足掻いたって、サンジくんにとって、「戻る」ことが素直な「心の声」なんだよ。



そして、サンジくんの「心の声」を後押しするかのように、状況は進みます。廊下の片隅でうずくまるサンジくんを、ビッグ・マム海賊団の人間が見つけてしまうのです。



サンジ、ビッグ・マムの配下に見つかる



はじめにが気付いたのは、食べ物の匂いでした。

うずくまる人間が誰なのかも気付かず、脇に置いてあるカゴをごそごそと漁った男は、中から食べ物を発見して喜びます。


その間、当のサンジは膝に顔を伏せながら、仲間たちを生還させるため、自分が犠牲になることを考えていました。

プリン
ビッグ・マムたちの計画通りに動き、自分ヴィンスモークの全員が命を失う未来を、受け入れようとしていたのです。


ところが、カゴを漁っていた男が骨付き肉を取り出したことで、思わずサンジは顔を上げてしまいます。

当然、部屋で寝ているはずのサンジがこんな場所にいることを、は不思議に思うのですが――。

男の手にある骨付き肉を見たサンジは、ルフィの宣言を思い出します。


「お前が戻ってこねぇなら、おれはここで“餓死”してやる!!!」
(第844話「ルフィVSサンジ」より)


サンジ
は我を失い――。


「手ェ離せ」

「え」

「その肉は…!!! お前のじゃねェよ!!!!」

「!!!」


をつかむに、足技を叩きこみます。

力加減ができなかったのか、激しい音とともに、男の身体はソファと壁に強く叩きつけられ、周囲の壁がガラガラと崩れます。


空中に浮いた骨付き肉を、手におさめたサンジ

しかし、先ほどのを聞き、すぐに誰かが駆けつけてきそうです。
その上、蹴り倒した相手も、まだ意識があります。さすがは四皇の部下と言ったところでしょうか?

サンジは、自分がしたことに混乱します。

その間にも、人の気配はどんどん近づいてくる上、蹴られた男に「ここで何してる゛……!!!」と問われ、サンジは咄嗟にカゴをつかみ、その場から逃げ出します。

サンジが向かう先は――?



ルフィとの「約束の場所」であってほしーーーーーい!!!

…ですよね?
今さら部屋に戻っても、今度こそ身動きがとれなくなりますし。

ルフィの空腹がそろそろ限界であることは、サンジくん自身が一番よくわかっているはず。


それにしても、サンジくんにとって、誰かが「飢える」ことは、今でもまだ恐怖の対象なんですね。

そして、ルフィ「言ったらやる男」だということは、ブルックと同じく(詳しくはこちら⇒第851話感想)、サンジくんにとっても、よく理解していることで…。

まだ、ルフィに「サンジくんが」助けを求めることはできないかもしれません。

でも、空腹の「ルフィを」助けるため、サンジくんがお弁当を届けに行ってくれると信じています。



おわりに



本編は、ブルックビッグ・マムに捕まったものの、状況好転し始めました。

ビッグ・マムが持ち歩く方が、図鑑に閉じ込められるよりは、逃げるチャンスがありそうですし。

加えて、ブルックの技が、ビッグ・マムのソルソルの実の能力に対して、かなり有効であることが明らかになってきました。

もしかしたら、ブルックの存在が、対ビッグ・マム戦になるかもしれません。


また、ビッグ・マムに報告されないまま、麦わらの侵入組によって、末端で混乱が起きつつあります。

そろそろ、麦わらの侵入組サンジくんが合流する時も近そうですし、希望をもって次回を待てそうですよね。



サンジくんファンのあなた。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

第853話の感想は、こちら⇒『【ワンピース】853話「ここじゃねェ」感想(前編)【ネタバレ】』



人気ブログランキングに参加中です。
いつも応援、ありがとう☆
 ↓↓↓


関連記事
[ 2017/02/07 22:07 ] ワンピース 少年ジャンプ - 感想 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
1日1回、あなたの応援が更新のエネルギーになります☆


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
QRコード
QR