アニメの栞

アニメ・漫画のおすすめ回や人気キャラの登場回を紹介するブログ。動画配信サービスのお役立ち情報もお伝えしています。
アニメの栞 TOP  >  弱虫ペダル >  【弱虫ペダル 3期】第5話「自転車異種格闘技場!!」感想

【弱虫ペダル 3期】第5話「自転車異種格闘技場!!」感想


「鳴子。お前は俺と同じ、オールラウンダーになれ。
スプリントを捨てろ」


今泉からの忠告に、心が揺れる鳴子

自分の才能か、チームの勝利か――。

悩みに悩んだ鳴子は、生まれ育った大阪へとおもむく。


【弱虫ペダル 3期】第5話「自転車異種格闘技場!!」感想
© 2017 渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03製作委員会




人気ブログランキングに参加中です。
いつも応援、ありがとう☆
 ↓↓↓




見どころ



今回の見どころは、鳴子ホームコースに集うスピード自慢たち!


なぜなら、ロードレース心から楽しんでいることが、伝わってくるからです。

どんなスピード自慢たちが登場したのか?
以下で紹介します。



鳴子のホームコース



今泉の忠告を受けた鳴子は、一人大阪へ帰郷し、自分の原点に立ち戻ります。

そこはかつて、鳴子章吉(なるこ しょうきち)少年が初めてロードバイクに魅せられた場所でもありました。


港近くの元倉庫。
その周囲を、ぐるりとアスファルトが囲みます。

1周600メートル。
途中、250メートルのストレートとクランクが1つ。
ゴール地点は、消火栓の標識。

鳴子ホームコースだったそこには、大阪中のスピード自慢たちが集まるのです。


鳴子
はさっそく周回コースを走ります。
その実力は、やはり飛びぬけていました。

周囲の選手たちも、すぐに鳴子インターハイ優勝校の選手だと気付きます。

当然、スピード自慢たちが勝負を挑まないはずもなく――。



光るロードバイク



1人目の挑戦者
は、柿本竜大(かきもと りゅうだい)。

阪台(はんだい)付属高自転車部きってのスプリンターで、人呼んで「六甲おろしの竜」


鳴子は、3周勝負で受けて立ちます。

柿本はこのコースで負けなしというだけあり、鳴子良い勝負をします。


ですが、ここは草レース場
何でもありの自転車異種格闘技場です。

そう、彼の本当のあだ名「夜の六甲おろしの竜」
その真髄は――。


「っでたーー!?
夜の六甲、柿本スペシャル!!」



周囲から、歓声があがります。
それもそのはず――。


「驚いとるかぁ? 無理もない!
ワイは速い!
その上、光る――!!」



そう、まるで夜の六甲山から見下ろした神戸の街並みのごとく。
車輪七色光ったのです――!!


…全っ然、速さと関係ない(笑)!

でも、「これは鳴子くん、好きそう?」――と思ったら。


「カッコエエーー!!」



やっぱり(笑)。
キラキラして、紅潮していますよ。

鳴子くんも、派手目立つことが大好きですものね?


明らかに色ものな技でしたが、一瞬見とれてしまった鳴子は、ゴール手前にもかかわらず遅れてしまいます。

けれど、そこはインターハイを経験した鳴子


「どんな状況でも勝つ!」



インハイで身につけた感覚をしっかり実践し、勝利をもぎ取ります。



【弱虫ペダル 3期】第5話「自転車異種格闘技場!!」柿本竜大
© 2017 渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03製作委員会




仏の顔も三度まで



2番目の相手は、奈良・三理学園から来た灼熱のスプリンター大粒健士(だいつぶたけし)。

決め台詞は、「仏の顔も三度までだ!!」


鳴子「久しぶりだな…」と声をかけた彼ですが、残念ながら、鳴子は覚えていませんでした。

というか、インターハイの時、この2人が話したことはなかった気が…。


『弱虫ペダル』第1期・第33話「ヒメなのだ」
――伝説の神回が、大粒くんの初登場回でした。

その時は、総北高校3年生スプリンターの田所迅(たどころ じん)くんと、顔見知りらしき様子でした。

決め台詞が特徴的なので、印象に残りましたよね。


――さて。

大粒バイクもまた、通常のロードレース用のバイクとは違いました。
なんと、トラック競技専用のバイクだったのです…!

それは、ただひたすら平坦速く走るためだけに造られたバイク

同じ条件で競うなら、鳴子に軍配が上がるでしょうけれど、専用バイクに乗る大粒との勝負では――?


…まあ、予想どおり。

純度100%のスプリンター。
直線に生き、派手に散る――。

難波の天才スピードマン、鳴子章吉勝利です。



【弱虫ペダル 3期】第5話「自転車異種格闘技場!!」大粒健士
© 2017 渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03製作委員会




感想



なんて愛すべき自転車バカたち…!!


褒め言葉です。

鳴子くんも感じていたように、草レース場に集まった平坦好きの選手たちはみんな、とにかく楽しそう!

ロードレース大好きなことが、びんびんに伝わってきます。


速さを求める気持ちは、もちろんあるのでしょうが。

派手さ目立つことについても、お互いが高く評価していることが伝わってきました。


速さ・強さだけでなく、いろいろなロード好きのあり方が、肯定されている環境。

素晴らしいなぁ
と思います。


「六甲おろしの竜」も、「仏の顔も三度までだ!!」も、いわゆる前座の扱いなのはわかっているのですが…。

思わず笑ってしまいながらも、彼らや鳴子くんから伝わってくるロードの楽しさに、惹きこまれました。



おわりに



自分の実力を再確認し、才能を実感した鳴子

スプリンター
か、オールラウンダーか?
その答えは、もうすぐ導き出されつつあります。

もう一勝負して、その相手に勝ったら――。


次回、鳴子くんが最後に勝負する相手は、京都伏見高校1年生エース御堂筋翔(みどうすじ あきら)くんです。



『弱虫ペダル NEW GENERATION』好きのあなた。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

第4話の感想は、こちら⇒『【弱虫ペダル 3期】第4話「峰ヶ山で一番速い男」感想【腐向け】』



人気ブログランキングに参加中です。
いつも応援、ありがとう☆
 ↓↓↓


関連記事
[ 2017/03/04 08:00 ] 弱虫ペダル | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
1日1回、あなたの応援が更新のエネルギーになります☆


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
最新記事はこちら
【名探偵コナン】881話 感想:世良真純と工藤新一の出会いとは? Nov 20, 2017
【夏目友人帳 陸】全話タイトル・あらすじ一覧【まとめ】 Nov 17, 2017
【ワンピース】885話 感想:サンジの秘策「甘みの真骨頂」を食べてみたい Nov 14, 2017
【鬼灯の冷徹 1期】全話タイトルとあらすじのまとめ Nov 10, 2017
【週刊少年ジャンプ】 2017年49号 感想:『ハイキュー!!』月島蛍VS角名倫太郎はどうなった? Nov 07, 2017
【名探偵コナン】879話「試着室の死角(後編)」感想 Nov 06, 2017
【ワンピース】883話 感想:将星カタクリの正体!メリエンダ(おやつの時間)の秘密とは? Oct 31, 2017
【名探偵コナン】878話「試着室の死角(前編)」感想 Oct 29, 2017
【お知らせ】人気ページランキングを設置しました Oct 26, 2017
【週間少年ジャンプ】2017年47号 感想:もしかして、ロボレザは来週で打ち切り? Oct 24, 2017
このブログの人気記事

過去記事アーカイブ
QRコード
QR