アニメの栞

アニメ・漫画のおすすめ回や人気キャラの登場回を紹介するブログ。動画配信サービスのお役立ち情報もお伝えしています。
アニメの栞 TOP  >  名探偵コナン  >  アニメ - 感想 >  【名探偵コナン】221話「偽りだらけの依頼人(後編)」感想

【名探偵コナン】221話「偽りだらけの依頼人(後編)」感想


偽りだらけの依頼人、池波静華(いけなみ しずか)。

探し人はあっさり見つかったものの、小五郎たちとともに訪問した柴田さんの自宅で、彼はすでに亡くなっていた――。

池波がついたとは?
彼女は、を隠しているのか?


【名探偵コナン】221話「偽りだらけの依頼人(後編)」感想
© 青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996



人気ブログランキングに参加中です。
あなたの応援が、更新のはげみです☆
 ↓↓↓




もくじ



今回は、池波静華に関する答え合わせ(ネタバレ)を紹介します。

1. 池波静華がついた4つの嘘
2. 池波静華の正体は?
3. 静華が毛利小五郎に近づいた目的
4. 次回(第222話)が気になる!


以下で、順にお伝えしますね。

池波静華が前回どのような言動をしていたかについては、こちらから確認できます。
『【名探偵コナン】220話「偽りだらけの依頼人(前編)」感想』



1. 池波静華がついた4つの嘘



小五郎を麻酔銃でチクッと眠らせたコナンくん。
事件を解決した後、小五郎の口を借りて、静華のを指摘します。


静香がついた4つの嘘とは…。



趣味は編み物
気管支が弱い静華。
毛糸が舞い散る編み物を趣味とするのは、無理がある。

料理が苦手
柴田家の食卓に並ぶ魚の切り身を見ただけで、「ぐじ(アマダイ)」だと言い当てたことから、本当は料理好き。

未婚
本当は既婚者。
料理に失敗して指に3か所も怪我をしたと言うのは、亡くなった柴田の指に巻かれたバンテージと同じで、薬指にある結婚指輪の跡を隠すため。

レイコ
彼女が借りた忍者小説には、レイコという人物は登場していなかった。




静華を一つ一つ指摘した後、小五郎(コナン)は問いかけます。

喫茶店であなたが呟いた、あの“レイコ”には、いったい何の意味が――」
「“レイコ”やのうて、“レイコー”や」

小五郎
の声に割って入ったのは――、服部平次!?


「たぶんアイスコーヒー頼もう思て、途中でやめたんやろ。
アイスコーヒーのこと“レイコー”なんちゅうたら、大阪人やてバレてしまうからなぁ」

「ま、今時そんなこと言うのは、オッサンオバハンだけやけどな」

見事な解説を披露した平次は、静華を見て――。


「せやろ? オバハン!」


【名探偵コナン】221話「偽りだらけの依頼人(後編)」服部平次
© 青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996





2. 池波静香の正体は?



「レイコ」の謎を解き明かしてくれた、西の高校生探偵・服部平次くん。

小五郎(コナン)の問いに答えるだけ答えると、年上の女性に対し失礼とも言える言動で、静華の腕を引っぱり連れさろうとします。

静華も、平次の態度には不満そうです。

そのとき、ちょうど眠りから目を覚ました小五郎
起きざまに平次を注意するのですが――。


「コラ! オバハン、オバハンて、静華さんに失礼だろうが!」
「ええやないか、どない呼んでも。」


「俺のオカンやねんから」


視線を平次から小五郎に戻した静華は――。


「…んふ」


困ったように頬笑み、平次の言葉が事実であることを、認めるのでした。


「えええええ!?」
「「ええええ!?」」


顔面崩壊する小五郎と、心に稲妻が落ちる蘭・コナン

に至っては、混乱のあまり静華色黒ではないことを指摘してしまいます。

けれど、この疑問もあっさり解決。
平次の色黒は、祖父ゆずりだったのでした。



【名探偵コナン】221話「偽りだらけの依頼人(後編)」服部静華
© 青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996





3. 静華が毛利小五郎に近づいた目的



平次の母である静華が、中学時代の同級生である柴田に協力してもらい、わざわざ一人で東京の毛利小五郎探偵事務所を訪ねた理由

それは、母としての親心でした。


平次小五郎(コナン)を慕っているのは、重々承知の静華

けれど、平次が小五郎たちと関わるようになってから、息子は頻繁に怪我をするようになりました。

また、以前大阪に小五郎たちがやってきた時も、結局小五郎とは会えずじまい。

まあ、大阪で小五郎たちと会えなかったのは、病院に運ばれた息子のもとに静華が駆けつけなかったためでしたが…。
(第118話 「浪花の連続殺人事件」)


静華としては、一度きちんと小五郎に会って、人柄探偵としての能力を確かめたいと思っていたのでした。


第118話「浪花の連続殺人事件」については、『【名探偵コナン】第3シーズン 全話一覧(1998)』にありますので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。



4. 次回(第222話)が気になる!



本編ラストでは、視聴者にとって「?」な会話がありました。


「これで安心して、平次と和葉ちゃんを任せられます」


――とにっこり笑う静華に、戸惑う小五郎たち。
実は、平次コナンに対して、事前に何かを話していたらしいのです。

いったいを話していたのか?
気になるところですよね?


けれど、残念!

今回(2017年4月8日)放送された第220~221話「偽りだらけの依頼人」は、あくまでデジタルリマスター版の再放送です。

来週放送される第855話は、今回の前後編とは全く関係のないお話になります。


本来、「偽りだらけの依頼人」の後につづくお話は、全3話の長編。
第222~224話「そして人魚はいなくなった」です。

「人魚の棲む島」を訪れたコナンたちが、不老長寿伝説と連続殺人事件に挑みます。

…このまま、来週もつづきが見たいですよね。
アニメスタッフさんたちも、酷なところでお話を切ったものです。

いつか、第222~224話「そして人魚はいなくなった」も、再放送されるといいですね。


「偽りだらけの依頼人」「そして人魚はいなくなった」の流れを確認したい方は、こちらもチェック!
『【名探偵コナン】第6シーズン 全話一覧(2001)』



おわりに



服部平次くんの母、服部静華さんの初登場回。
いかがでしたか?


だらけの依頼人、簡単にわかった探し人の居どころ、そして訪問先での事件

さらには、容疑者として疑われた際、返した言葉に現れていた池波静華意思の強さと、殺人捜査についての専門的な理解


真剣を使う人間に対し、扇子一本で立ち向かい、事態をおさめ。
犯人の動揺した心まで落ちつかせてしまう凄さ。

ここらでイントネーションが変わっているのが、ニクイ演出ですよね。


そして、オチ平次の母!


正体が明らかになって、言葉づかいが普段どおりになった後も、彼女の本来の姿がよく伝わってきて、ますます興味が湧きます。

何年経っても、何度見ても、楽しめるお話の1つです。

過去のお話を忘れちゃったという方は、コナンシリーズ良作ぞろいですから、ぜひ一度振り返ってみてくださいね。


『名探偵コナン』を今から振り返りたい人は、こちらがオススメです。
『【dTV】31日間無料お試しの体験レビュー ~アニメが見放題~』
『【評判・評価】HD画質でアニメ動画を見るならHuluがおすすめ』



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

人気ブログランキングに参加中です。
あなたの応援が、更新のはげみです☆
 ↓↓↓


関連記事
[ 2017/04/09 20:10 ] 名探偵コナン アニメ - 感想 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
1日1回、あなたの応援が更新のエネルギーになります☆


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
最新記事はこちら
【名探偵コナン】安室透の登場回(原作漫画) Jun 21, 2018
【名探偵コナン】756話「赤い女の惨劇(復讐)」感想 Jun 19, 2018
【名探偵コナン】755話「赤い女の惨劇(悪霊)」感想 Jun 17, 2018
【名探偵コナン】754話「赤い女の惨劇(湯煙)」感想 Jun 15, 2018
【名探偵コナン】スコッチの名前 青山剛昌先生が一部ネタバレ! Jun 13, 2018
【名探偵コナン】第17シーズン 全話一覧(2012) Jun 11, 2018
【名探偵コナン】スコッチ・風見裕也の登場回まとめ Jun 09, 2018
【名探偵コナン】813話「安室に忍びよる影」感想 Jun 07, 2018
【名探偵コナン】第16シーズン 全話一覧(2011) Jun 05, 2018
【名探偵コナン】771話「ギスギスしたお茶会(後編)」感想 Jun 03, 2018
このブログの人気記事

過去記事アーカイブ
QRコード
QR