アニメの栞

アニメ・漫画のおすすめ回や人気キャラの登場回を紹介するブログ。動画配信サービスのお役立ち情報もお伝えしています。
アニメの栞 TOP  >  ワンピース  >  少年ジャンプ - 感想 >  【ワンピース】866話 感想:ビッグ・マムの過去とは?

【ワンピース】866話 感想:ビッグ・マムの過去とは?


【ワンピース】866話 感想:ビッグ・マムの過去とは?



週刊少年ジャンプ26号(2017年)に掲載された漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の、第866話「NATURAL BORN DESTROYER(ナチュラル・ボーン・デストロイヤー)について、感想を書きます。

最新話ネタバレを含みますので、コミック派・アニメ派の方はご注意ください。


今回は、ビッグ・マムこと――シャーロット・リンリン過去に迫ります。


ビッグ・マムは、どうして体が大きいの?
マザー・カルメルはどんな人物?
ビッグ・マムとエルバフの戦士たちとの関係は?


――などなど、本編をふり返りながら整理しますね。


人気ブログランキングに参加中です。
あなたの応援が、更新のはげみです☆
 ↓↓↓




もくじ



1. ビッグ・マムは、「人間」だった!
5歳の少女を置き去りにした理由
2. マザー・カルメルとは
(1) マザー・カルメルの子育て方針は…
(2) リンリンの異常な「力」
3. 巨人族の村を襲うリンリン
断食と悲劇
4. おわりに




1. ビッグ・マムは、「人間」だった!



第866話で一番衝撃的だったのは、ビッグ・マムことシャーロット・リンリンが、普通の「人間」の夫婦に生まれた子どもだったことです。


あれほど大きな体

しかも、過去に巨人族何かあったらしい…ということから、てっきり巨人族と人間のハーフと推測していたのですが。

リンリンは、「人間」の両親から生まれた子でした。



5歳の少女を置き去りにした理由は?



リンリンの父親母親の会話によると、幼いリンリンは無自覚を犯したようです。

“あれだけの被害を出して”おきながら、“国外追放”で済んで良かったと言うのは、一体どれほどのものだったのか?

気になりますよね。


幼い子どもをたった一人、巨人族の島に置き去りにする。

事実上の処刑扱い?
――と、思いきや。

救済措置だと言うことが、すぐに明かされます。

なぜなら、エルバフには「聖母(マザー)」と呼ばれる一人の修道女がいたからです。



2. マザー・カルメルとは



かつて、「巨兵海賊団」の残党が数名ほど海軍に捕まり、処刑されることになりました。

その処刑を阻止し、巨人たちを引き受けた修道女が、カルメルでした。

カルメルは、エルバフの戦士たちを処刑すれば、他の仲間たちが人間に復讐を誓うと指摘し、海軍に和解を求めました。


「罪を許しなさい!!
私が導きます!!」


「この世のあらゆる種族が手を取り
笑いあえる世界へ!!」



カルメルはやがて、「聖母(マザー)」と呼ばれるようになります。

エルバフの地に「羊の家」という施設を開き、さまざまな事情を抱えた子どもたちを受け入れました。

種族を越え、巨人族人間が共存する架け橋となりながら、子どもたちを育てました。


それから37年後。

マザー・カルメルが80歳のときに、シャーロット・リンリン羊の家へやってきます。



マザー・カルメルの子育て方針は…



マザー・カルメルの子育て方針は、「許し」です。

他者をありのままに肯定し、受け入れる。
行いを許し、罪を許す。

それはつまり、相手に対して「無償の愛」を与えるということですよね。

素晴らしい「あり方」だと思います。


けれど、そんなマザー・カルメルに神様が与えたのは、かなりレベルの高い試練でした。

わずか5歳でありながら、異常な「強さ」を持つ少女。
シャーロット・リンリンとの出会いです。



リンリンの異常な「力」



リンリンは、どこにでもいる幼い少女でした。
幼さゆえ、残酷な過ちを犯すことはあっても、心は純真です。

彼女を「普通ではない」存在にしていたのは、常識をはるかに越えた「破壊力」でした。


リンリンが「しつけ」のつもりでの頬をたたけば、一撃で即死させてしまいます。

けれど、リンリンから事情を聞いたマザー・カルメルは、笑顔でリンリンの意思を受け入れ、彼女がしたことを「許し」ます。

それはリンリンにとって、生まれて初めて自分を理解してもらえ、肯定してもらえた経験でした。


その後も、リンリンはありあまる「破壊力」のために、トラブルを起こしかけます。

手長族
の子どもの関節1つ多いことに気付き、ちぎってあげようとしたり。魚人族の子にひれがあることに気付き、ちぎってあげようとしたり。

その度に、マザー・カルメルはリンリンを止め、手長族や魚人族の特徴をリンリンに教えます。

そして、リンリンの行いを「許し」、周りの子どもたちにも、リンリンを受け入れるよう語りかけるのでした。


リンリンの「破壊力」は、実害を与えることもありました。

巨人族の子どもに、骨が何本も折れるような大ケガをさせたことさえありました。しかも、本人は「蚊が止まっていた」から、たたいてあげたつもりだったのです。

この段階まで来ると、少しは周りの大人たち(巨人族)からも苦情が出そうなものですが…。

意外にも、リンリンは巨人族「羊の家」の子どもたちに受け入れられ、幸せに暮らしました。


おそらく、巨人族大人たちであれば、リンリンの破壊的な力を受けとめられたからでしょう。

本編でも、リンリンが夢中になってセムラを食べるのを、2人の巨人族が両脇から「普通に」止めていました。


結果的に、他者を傷つけるほどの圧倒的な「破壊力」を持っていながら、リンリン「力を制御する方法」を知らないままに育ちました。

もちろん、まだ5歳だったことを考えれば、情緒が発達するにつれて、「他者の痛み」を理解できるようになった可能性は、十分にあります。

そうなれば、「誰かに触るときは、力を加減しよう」という気持ちも、湧いてきたかも?

けれども実際には、リンリンが「心」「体」コントロールすることを学ぶ前に、事件は起きてしまったのです。



3. 巨人族の村を襲うリンリン



エルバフでは、「冬至祭(とうじさい)」の前に、12日間断食を行う風習がありました。

断食の間、口に入れていいのは「水」だけです。

栄養をしっかり採るため、断食には、みんなで「セムラ」というお菓子を食べます。


「マジパン入りの
甘~~いパン生地で
甘~~い生クリームをはさんで」


「上からたっぷりの粉砂糖♡
断食前のお楽しみなの!!」



ゲルズちゃんから「セムラ」というお菓子の説明を聞いて、想像だけで目がキラキラ、涎(よだれ)がダラダラになるリンリン

幼い頃から、相当なお菓子好きだったのですね。

けれど、そのことが不幸な事件へ発展していきます。



断食と悲劇



悲劇が起きたのは、断食が始まってから7日目のことでした。

断食によって、限界までお腹が空いたリンリンは、断食前に食べたセムラを思い出します。

そして、本能のままにセムラを求めて――。


駆けつけたマザー・カルメルが見たのは、燃え盛るエルバフの村

子どもを背負いながら、火から逃れる巨人たち。
さらには、地面に倒れ伏す巨人たち。

そして、その中心で、我を忘れて「セムラ」を求めるリンリンでした。


リンリンがとった無意識の行動は、現在のビッグ・マム“持病”と、繋がるものがありますよね。(第83巻・第829話「海賊「四皇」シャーロット・リンリン」)

だとすると、求めるお菓子を食べるまで、破壊活動はおさまらない?

周りの巨人たちは、リンリンが無意識に放った「覇王色の覇気」に、当てられたのでしょうか?


ただの人間の子どもが、巨人族の命を脅かす。
信じられない光景です。

事態がどう収束するのか?
嫌な予感しかしません。



4. おわりに



第866話のタイトルは、「NATURAL BORN DESTROYER(ナチュラル・ボーン・デストロイヤー)」です。

和訳すると、「生まれながらの破壊者」でしょうか?

本編を読み終わった後だと、「なるほど」と思ってしまうタイトルですよね。

この後、リンリンに何が起きたのか?
次回も注目です。


第867話感想は、こちらから。
『【ワンピース】867話 感想:マザー・カルメルの行いに涙が…』



人気ブログランキングに参加中です。
あなたの応援が、更新のはげみです☆
 ↓↓↓


関連記事
[ 2017/05/30 18:06 ] ワンピース 少年ジャンプ - 感想 | TB(-) | CM(3)
初めまして
アニメの解説ブログやってます。文章を参考にさせていただくためブログ回りをしています!よかったら遊びに来てください!
[ 2017/05/30 19:20 ] [ 編集 ]
Re: 初めまして
> アニメの解説ブログやってます。文章を参考にさせていただくためブログ回りをしています!よかったら遊びに来てください!

照和さん、はじめまして。

文章の参考にするために『アニメの栞』を
訪れていただけるなんて、なんだか夢のようです。
つたない文章も多いブログですが、
何か参考になることがあれば幸いです。

照和さんのブログにも、遊びに行ってきました!

コメントさせていただいたので、もしまだ見ていなければ、
確認されてみてくださいね。
[ 2017/05/31 00:17 ] [ 編集 ]
確認いたしました!
やっぱり文章を学ぶには勉強するより実際ブログをやられてる人の文を参考にした方がいいと思いまして!

遊びに来てくださりありがとうございます

これからも精進しますので、また遊びに来てください!
[ 2017/05/31 21:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
1日1回、あなたの応援が更新のエネルギーになります☆


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
最新記事はこちら
【名探偵コナン】安室透の登場回(原作漫画) Jun 21, 2018
【名探偵コナン】756話「赤い女の惨劇(復讐)」感想 Jun 19, 2018
【名探偵コナン】755話「赤い女の惨劇(悪霊)」感想 Jun 17, 2018
【名探偵コナン】754話「赤い女の惨劇(湯煙)」感想 Jun 15, 2018
【名探偵コナン】スコッチの名前 青山剛昌先生が一部ネタバレ! Jun 13, 2018
【名探偵コナン】第17シーズン 全話一覧(2012) Jun 11, 2018
【名探偵コナン】スコッチ・風見裕也の登場回まとめ Jun 09, 2018
【名探偵コナン】813話「安室に忍びよる影」感想 Jun 07, 2018
【名探偵コナン】第16シーズン 全話一覧(2011) Jun 05, 2018
【名探偵コナン】771話「ギスギスしたお茶会(後編)」感想 Jun 03, 2018
このブログの人気記事

過去記事アーカイブ
QRコード
QR