アニメの栞

アニメ・漫画のおすすめ回や人気キャラの登場回を紹介するブログ。動画配信サービスのお役立ち情報もお伝えしています。
アニメの栞 TOP  >  ワンピース  >  少年ジャンプ - 感想 >  【ワンピース】868話 感想:美食騎士シュトロイゼンとは?

【ワンピース】868話 感想:美食騎士シュトロイゼンとは?


【ワンピース】868話 感想:美食騎士シュトロイゼンとは?



週刊少年ジャンプ28号(2017年)に掲載された漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の、第868話「KX(ケーエックス)ランチャー」について、感想を書きます。

最新話のネタバレを含みますので、コミック派・アニメ派の方はご注意ください。


今回、マザー・カルメルと「羊の家」の子どもたち失踪した事件について、意外な人物真相を知っているとわかりました。

以下では、その意外な人物――ビッグ・マム海賊団の総料理長、“美食騎士シュトロイゼン”に注目しながら、真実に迫ります。



人気ブログランキングに参加中です。
あなたの応援が、更新のはげみです☆
 ↓↓↓




もくじ



1. シュトロイゼンとは?
2. マザー・カルメルと子どもたちの失踪
(1) エルバフの戦士の反応
(2) シュトロイゼンの反応
3. 真相への手がかり




1. シュトロイゼンとは?



ビッグ・マム海賊団
の総料理長、“美食騎士シュトロイゼン”といえば、立派なお髭を生やした老パティシエ。

ビッグ・マムが開く「お茶会兼結婚式」のために、巨大ウエディングケーキ作りを指揮していた人です。

さらに言えば、自作の歌が秀逸。

――以上が、これまで明らかになっていた、シュトロイゼンの情報でした。(第85巻・第858話「会議」)


ところが今回、シュトロイゼンこそ、ビッグ・マム過去を知る重要人物であることが、明らかになりました。



2. マザー・カルメルと子どもたちの失踪



シャーロット・リンリン本人さえ知らない、マザー・カルメルと「羊の家」の子どもたちが失踪した理由
その真相を知る人物が、実は2人いたのです。

一人は、こっそり「羊の家」の様子を見に来ていた、エルバフの戦士

もう一人は、もともと島に住んでいた、海賊崩れの料理人。
このもう一人の人物こそが、シュトロイゼンでした。

失踪事件
の一部始終を、目におさめた2人
彼らの反応は、まったく異なるものでした。



(1) エルバフの戦士の反応



物陰から「すべて」を見てしまった、名もなきエルバフの戦士。
彼は顔を青くして自らの船へ取って返し、二度とリンリンのいる島へは近付きませんでした。

後に、彼は「そのこと」を、彼の仲間たちに話します。
結果、すべての巨人族に、「そのこと」が知れ渡りました。

巨人族「シャーロット・リンリン」の名を口にすることもはばかるほど、リンリンを嫌悪するようになりました。


一方、シュトロイゼンの反応は――?



(2) シュトロイゼンの反応



もともとに住んでいた、シュトロイゼン
彼は、失踪の一部始終を目撃し、面白がりました。

彼は海賊崩れ料理人であり、この世のあらゆる物を「食材」に変えることができる、“ククククの実”の能力者でした。

63年前のことですから、シュトロイゼンは今よりはるかに若い姿です。
黒髪が豊かで、表情も海賊崩れらしく、悪だくみが似合います。


シュトロイゼンは、リンリンのことが気にいりました。

ですが、このままリンリンを放置すれば、幼い彼女一人ではとうてい生き残れないことも、すぐに気付きました。

そこで、シュトロイゼンがとった行動は――?


なんと、エルバフの戦士さえ逃げるように離れた少女に近づき、彼女と「仲良く」なることにしたのです!


シュトロイゼンが話しかけると、6歳の誕生日を迎えたばかりのリンリンは、なんとか状況を説明します。

その後も2人はいろいろなことを話しあい、ついには後のビッグ・マム海賊団を築くにいたったのでした。



3. 真相への手がかり



マザー・カルメルと「羊の家」の子どもたちが突然いなくなった真相については、今回もはっきりと語られないままでした。

ここまで明らかになっていることは、以下のとおりです。


第867話「HAPPY BIRTHDAY」より

■リンリンの誕生日に、子どもたちはセムラのクロカンブッシュを作ってくれた。
■夢中になってセムラを食べる内に、リンリンはすっかり周りが見えなくなった。
■リンリンは間違って、木の机までカジってしまった。
■リンリンが気付くと、周りには木の残骸やマザーたちが着ていたが破れて落ちており、誰もいなくなっていた。


第868話「KXランチャー」より

■すべてを見ていたエルバフの戦士は、顔を青くして走って船に戻った。
■すべてを見ていたシュトロイゼンは、面白がった。
■シュトロイゼンは自らリンリンに話しかけるが、彼女が自分に近づくことを警戒した。
■後日、リンリンはマザー・カルメルと同じ“ソルソルの実”の能力を発揮する。




能力者
から能力を奪うとしては、“黒ひげ”ことマーシャル・D・ティーチが、“白ひげ”ことエドワード・ニューゲートから、能力を奪う描写がこれまでにありました。

ただし、実際にどんなことが行われたのかは、不明です。

しかも、黒ひげ海賊団は、今も“能力者狩り”を行っていて、能力者から能力を奪っているとか。


黒ひげ
が凶行におよんだとき、白ひげの身体は残ったままでした。

一方、リンリンマザーの場合、マザーは突然いなくなってしまいました。


なぜリンリンは、マザー・カルメル“悪魔の実”の能力を使えるようになったのでしょうか?

不思議で仕方がありません。


マザー・カルメル子どもたち失踪事件
事件を目撃した2人の、その後の反応
リンリンに発現した、マザーの能力。


――うん。
不思議ですよね。



おわりに



本編では、あまりにショックを受けたビッグ・マムが、泣きながらKX(ケーエックス)ランチャーを破壊してしまいました。

それも、覇王色の覇気のような、風圧だけで。

ショックを受ける連合軍!
でも、すぐに冷静さを取りもどし、全員退避に切りかえます。


ところが、いっせい退避するはずのが割れちゃって――。

これには、連合軍の誰もがビックリ!

白目をむくのは当たり前。
が止まらない人や、がダラダラの人。
鼻水が出ちゃってる人…!


ビッグ・マム暗殺作戦は、失敗しました。
逃げ場はなく、周りは敵だらけ。

この窮地を、どうやって脱出するのか?

次回以降が楽しみです。



人気ブログランキングに参加中です。
あなたの応援が、更新のはげみです☆
 ↓↓↓


関連記事
[ 2017/06/12 23:37 ] ワンピース 少年ジャンプ - 感想 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
1日1回、あなたの応援が更新のエネルギーになります☆


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
QRコード
QR