アニメの栞

アニメ・漫画のおすすめ回や人気キャラの登場回を紹介するブログ。動画配信サービスのお役立ち情報もお伝えしています。
アニメの栞 TOP  >  週刊少年ジャンプ >  【週刊少年ジャンプ】2017年40号 感想:『HUNTER×HUNTER』次号から休載…。

【週刊少年ジャンプ】2017年40号 感想:『HUNTER×HUNTER』次号から休載…。


『週刊少年ジャンプ』2017年40号(9月4日発売)について、感想を書きます。今回のトピックスは、何と言ってもコレ

『HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)』が、次号からまた休載だってよ…。

これ、「1回休み」という意味では、ないよね?
ハンターだもんね。

例年どおり、「1年くらい休載する」という意味だよね?

………。


さ、気を取りなおして。
以下では、私が読んでいる作品の感想を、短くパパッと書きました。

本誌の目次にそって、『ROBOT×LASERBEAM(ボロレーザービーム)』『ハイキュー!!』『食戟のソーマ』『HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)』の順で紹介します。


なお、『ONE PIECE(ワンピース)』については、感想が長くなったため、別の記事にまとめました。

『ONE PIECE』第877話感想は、こちら⇒『【ワンピース】877話 感想:ウホリシアとサイ、ベビー5の三角関係』



人気ブログランキングに参加中です。
あなたの応援が、更新のはげみです☆
 ↓↓↓




もくじ



『週刊少年ジャンプ』2017年40号の感想
1. ROBOT×LASERBEAM(ボロレーザービーム)
2. ハイキュー!!
3. 食戟のソーマ
4. HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)
おわりに


※『食戟のソーマ』の感想は、腐向けです。
ご注意ください。




1. ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)



ゴルフルールについては、よくわかりません。

けれど、何となく読めてしまう。
そして、面白い。

『ROBOT×LASERBEAM』を読むにつけ、藤巻先生の「魅せる力」は素晴らしいなぁと思います。


第23話は、先輩方男気が光っていましたね。

前回からの流れで、チームのために、一人ひとりが熱いプレーをする先輩方。

その結果は、ロボの予想どおり。

先輩方は、勝利のために最大限の力を発揮してくれました。


ロボはロボで、凄みが出てきましたよね。

体力・集中力限界が近づくなか、目標のスコアを達成するために、喰らいついているし。


特に凄かったのは、林の中から「針の穴を通すような」レーザービームを打ったシーン。

帝王・朱雀(すざく)でさえ――。

「そこからは
オレでもムリはしないだろうね」


――と言うような状況。

よくあんなスイングしましたよ。


練習試合の結末が楽しみです。

勝っても負けても。

ロボは、成長することができたし。
ゴルフ部のみんなも、ロボを認めて、受け入れてくれそうです。




2. ハイキュー!!



「いつ」から、計算されたプレイだったのか?


研磨くんの作戦が、凄すぎます。

「相手の作戦を利用して、その上をいく」こと自体は、この場合、定石として。

自分たちが体力的に苦しくなる方法を採用して、それを「できる」と判断することからして、無茶苦茶です。

さらには、実際に「やり遂げて」しまうなんて――!


アンビリーバボー。


「…でも
できるよ」


「皆は根性の使い手だから」


このセリフも、研磨くんらしい言い方ですよね。
ゲーム感覚が、染みついてるなぁと思いました。

レシーバーの皆さんはもとより、研磨くんも!
本当にみんな、「根性」の使い手でしたね、猫たち。

よくやったね!



『ハイキュー!!』について、過去感想はこちらから読めます。
カテゴリー『ハイキュー!!』




3. 食戟のソーマ



レギュム(野菜料理)の魔術師が帰ってきたーーーーー!!!


今週のジャンプで、最も滾(たぎ)った瞬間でした。

四宮さんに上から見下ろされるドキドキしてしまうのは、なぜなんだろう?

あの、のような冷たい視線
周囲にブリザードが吹きすさぶ様子が、見えた気がしました…。

ちゃんとどんな特訓をしたのか、来週が楽しみです。


まあ、わたしの本命は、アベルさんと四宮さんの組み合わせなんだけど。

『食戟のソーマ』は、個々のキャラクターがとても魅力的。

だけど、いかんせん元々が男性向けに女の子を描いてきた方の漫画だからか、「組み合わせ」がほとんど成立しないんですよね。

言い方を変えると、腐女子が萌えるにはちょっと難しい…。

美味しいキャラクターが多いだけに、惜しいです。




4. HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)




今、いいとこなのに!!


思わずギリギリと歯噛みしたくなりました。

こんな中途半端なところで連載休止だなんて!
相変わらずファンに対してドSですね、富樫先生。


『HUNTER×HUNTER』は、ゴンが主役の作品。

だけど、キルアクラピカが主役で進むお話も、文句なしに面白いんですよね。

その上、何年経っても、連載再開するたびに読者をぐいぐい惹き込みます。

『HUNTER×HUNTER』を描く富樫先生は、そういう意味で、本当に素晴らしい漫画家だと思います。


でも、もし長期休載せず、連載を続ける能力をお持ちだったら――。

今ごろは、『ONE IECE』や『NARUTO』なみに、単行本の巻数も伸びていたでしょうに…。


まあ、巻数うんぬんは、今のままでも十分なんですが。

早くつづきが読みたいよ~。

駄々をこねても、仕方がないですよね。
気を長くして、続きを待ちます。




おわりに



さんざん『HUNTER×HUNTER』の休載を嘆きましたが、もしかしたら、またすぐに再開するかもしれませんよね。

希望は捨てないでおこう。



人気ブログランキングに参加中です。
あなたの応援が、更新のはげみです☆
 ↓↓↓


関連記事
[ 2017/09/06 09:15 ] 週刊少年ジャンプ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
1日1回、あなたの応援が更新のエネルギーになります☆


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
QRコード
QR